« エウレカさん、オラクルを留守にする | トップページ | エウレカさん回顧録 »

2015/02/01

エウレカさん、暇を持て余す

最近レア運が全くと言って良い程ないエウレカさん。暇を持て余すと碌な事をしないのである(爆)

Pso20150121_193205_000 先日のディーライラは売ってしまったので、新しく作り直す事に。

結局このディーライラも売ることに。

最近は☆12やら13やらがメインになりつつあるので、星11の完成品等は、そんなに需要のあるものではない。

ステⅤ付きの完成品でも、高額では売れる気配すらないので、良心的な価格で出すことにしている。

しかしあまりに安価で完成品を出すのはどうなのか、と最近ふと思うのである。まあ使うより作るほうが好きなエウレカさんが言えた義理ではないのだが、やはりそれ相応の物は、それ相応のアークスが持つべきではないのだろうか、と。

ステ+135以上のOPしか基本作らなくなったエウレカさんだが、はっきり言ってその時点で少し異常なのだ、と。

Pso20150124_235643_001_2 親切な鳥が(中身は竹内力)特価でシュトブを売ってくれたので、思い切ってシュートⅤにチャレンジ。

そもそもⅤを想定して素材を作っていなかったので、シュートⅤの成功率が10%落ちるのである。

シュートⅣなら完封だったのだが、浪漫を求めてのチャレンジは見事成功。ステ+140のスサノシナリが出来上がったのである。

ファングソールにはウィンクルムが元々付いている物はないし、アビリティⅢを生成しつつ、シュートⅣを3つ、ウィンクルムを3つ入れないとこの形にはならない。コレを悩むことなく作成していくのは、自分で言うのもなんだが、能力追加にかなり精通していないと相当難度が高い物であると思う。

Pso20150129_204024_002 無論エウレカさんとて、最初から容易く能力追加が出来たわけではない。

PSも特に大した事もなく、ソロが多いエウレカさんは武器やユニットの性能で自身の能力を底上げするしかないわけで、それを自分好みに安価でする為に、能力追加をアレコレ覚えてきたわけで。

アレ、てことは安価で済ませなくて良いのなら、完成品を買えば労せず能力UPできる訳で(爆)

ふむ、やはり能力追加は所詮自己満足の世界であると言う結論に落ち着いてしまったのである。何を言っているのか自分でもよくわかっていないが(核爆)やはり楽しみ方は人それぞれだと思うと、なんだか書いているうちにスッキリしてきたのである。

Pso20150127_211028_001 ココ最近、レアが全くでない上に、周りでは結構出てるわ、値引き交渉に快く応じたら倍以上の値段で転売されたりとかで、ちょっと暗黒モードだったのである。

強化するレアもないから、テク用ユニットを強引に6スロ化してみたり(爆)

アビリティⅢとスティグマが付いたユニットを3つ用意するだけで、かなりの確率で簡単に作成できるようになったのは、仕様変更のおかげだなぁ、としみじみ。

Pso20150201_074216_001 ギフトレセプターの安いのがあったので、わけのわからない武器を作ってみたりして。

今日は朝まで粘って緊急にも足を運んだが、やはり何も出ずw

まあそういう時期なんだろう、と。代わりと言ってはなんだが、能力追加はかなり好調なのである。

素材作りや本体の途中では、相変わらずありえない確率を落とされるが、最終ではほとんど失敗が無いのである。最終の失敗が精神的にも金銭的にも一番ダメージが大きいので、まあこっちに運を使ってるのかと諦めることにするw

尚、強化はいつも通りで、ありえないくらいの確率で成功しない(爆)一度強化の様子を動画で撮影して見せたいくらいだw

Pso20150130_220049_000_2 緊急でチョコレートが貰えるのだが、クラリスクレイスから貰えるチョコは、なんと法撃力+100になるというシロモノ。

瞬間的ではあるが、法撃力3700オーバーまで到達した。

ユニットは特化ではないものの、アビⅢを加えたことで若干法撃力が上がったのと、フォトンフレア+ステ+135のモタブ、ドリンクとシフタ併用でこの数値である。特化ユニットなら4000オーバーするハズである。

テク職は火力盛ってなんぼとエウレカさんは思っているので、アーレスロッドやグラヴィリオスなんぞを拾ってしまったら、特化ユニットも作りたいなぁとか(爆)

報酬期間(予定w)までに、キューブとメセタは残っているのか?すすめ!エウレカさん。

|

« エウレカさん、オラクルを留守にする | トップページ | エウレカさん回顧録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エウレカさん、オラクルを留守にする | トップページ | エウレカさん回顧録 »