« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015/03/31

エウレカさん、春の訪れを感じる。

いつの間にか3月が終わる寸前だった事に気付いたエウレカさん、慌てて更新である。

と、言っても待望の共闘祭の報酬期間がやってきた割には、エウレカさん的にたいした盛り上がりもなく(爆)装備をある程度更新しただけで終わってしまったのである。

Pso20150318_193221_004 こういう感じでガツガツ落とされて、予算の半分以上使っても何一つ出来ない状態に陥ってしまったのである。

コレはまだマシな方で、90%や95%までバンバンと遠慮なく落とされてしまい、正直途中でやる気もメセタもキューブもなくなってしまったと言うかw

ユニットを打、射、法と3セット更新する予定だったのに、結局予算をほぼ全部使って法撃用1セットしか作れず(爆)しかも法撃用が一番必要性が無かったと言うか。。。

Pso20150319_232952_002 結局近接用に用意していた素材を売って、射撃ユニットを完成させる事に。

近接用は全てステⅣでやるつもりだったので、結構な素材を用意していたので、それが幸いしたと言うか。

予定ではスタミナⅢではなく、スティグマにするつもりだったのだが、完封させる予算も、90%を3連続で通す気力もなかったので、定番OPでお茶を濁した感じに。まあ十分と言えば十分なのだが。

Pso20150320_001224_003 結局近接用はソール張替えのみで終了。

と思いきや、報酬期間最終日になって、スピリタⅢをオールレジストⅢに変更して作り直した。

報酬期間が終わりも近いと言う事で、ソールは高騰気味だったが、ステⅢ素材はかなり格安になっていたので、せっかくなのでチャレンジしてみた。
毎度の事ながら、常にギリギリの状態でやっているエウレカさん、ちょっと足りない分は、タイミング良くPTを組んでいたシクⅢに借りた(超爆)おかげで無事期間内に完成させることが出来たのである。

Pso20150328_233053_000 その結果、ついにHP2800オーバーへ。

まあデバンドタフネスが掛かっているのではあるのだがw

通常だと2500弱くらいだったろうか。もちろんガッツドリンクは飲んでいる。

2400以上あれば、XHルーサーのカタストロフィ・レイに耐え切れる筈なのである。

報酬期間前のXH実装初日に既に耐え切ってしまったので、これ以上強化してもあまり意味がないと言えば意味がないが、法撃よりも打撃に対しての防御力の方が高い構成なので、何かしら出来ないかと無駄に考えている(爆)

Pso20150318_224446_007 法撃ユニットは特化と言うほどでもないが、火力構成に。

足りないPPは特化クラフトでカバーした。

全て射撃特化クラフトしたので、HPは600を下回る(超爆)その状態でXH絶望とか行くのは、文字通り命懸けであるw

それまではファーレンユニットにエルダー、テクⅢ、アビⅢ、スピⅢ、スティグマ、スピブのPP盛り構成だったので、多少PPが足りなくなる感はあるが、それを補ってあまりある火力の向上に満足である。

Pso20150318_174638_003_3 火力の向上と言えば、たったステ+10の為だけに物凄く出費が嵩んでしまったサイコ。

コレは某ピンクの人がズィレンに付けたOPと全く同じ仕様である。

某プロの素材の素材作りなんかを、暇にまかせてたまに手伝ったりしてたら、いつの間にか自分の分の素材まで出来てしまっていたから不思議である(爆)

流行のモデュレイターを入れる程、資金に余裕はないのでステ+150で十分である。

Pso20150318_220847_006_2 特に使うわけでもないので(爆)ステⅣで打撃+100、法撃+125の打法兼用OPのノクスに仕上げた。

6スロのステⅤ×2を失敗したせいでもあるのだが(爆)

今回は、武器は強化がメインで能力付けはそんなにしなかったのである。

正直付けるほどの武器がないと言うか、気に入った武器には既に相応の能力が付けてあるので、高いブースト代を使ってまで、ステ+10やらをする必要はないか、と。

Pso20150320_210930_000 完封素材を用意してあったのに、資金繰りに困って売ってしまったので、後から適当に作った素材で仕上げたズィレン(爆)

用途としては、マガツ前哨戦にFiHuで行く時の二段ジャンプ用ブーツである(超爆)バウンサーをやらないエウレカさんには、本当にそれくらいしか使い道が無いのであるw

そんなこんなで、報酬期間は終了してしまったのである。自分の能力追加よりも、人の能力追加を見る方が楽しい報酬期間だったようなw

リターナーⅤに挑戦できる日は来るのか?すすめ!エウレカさん。


| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »