PSO2 雑記

2017/04/18

ずっとこの日を待っていた

Pso20170417_194400_005緊急警報発令!地球の衛星・月にてエーテルの異常励起を検知。現在、作戦準備中です。

やれやれ、また月面にエーテルとやらが異常発生しているらしい。

ココ最近やたら頻発するせいか、緊急事態の割には、他のアークス達もさして動揺はないように見える。

無論それはエウレカさんも同じで、特に慌てることもなく、淡々と出撃の準備を進める。

今日は同シップ内に、パーティーを組んで出撃出来そうな人はいないようだ。時間が時間だけに、まだ戻って来ていない者も多いのだろう。まあ特別困難と言うほどの任務ではないので、単独で出撃しても問題はない。

見慣れたキャンプシップに降り立つ。装備品の確認をしながら、念の為登録済みアークスの一覧が見れる端末も起動しておく。もしかしたら誰かしら出撃までに合流できるかも知れないからだ。

そろそろ出撃時間、シップに戻ってきたアークスと合流できるギリギリの時間くらいだ。と、端末からアラートが響く。

「どれどれ、誰が戻って・・・・・?・・・!?」思わず端末を二度見するエウレカさん。それもそのはず、端末にはもう表示される事がないであろうアークスの名前が表示されているからだ。

一瞬機械の故障かも、と疑ったがそんな事はまずないだろう。落ち着いてオペレーターのシエラに確認をしてみる。

「・・・ああ、その方でしたら、先程コールドスリープから目覚められた所です。現在メディカルチェック中ですね。」淡々と答えるシエラ。

「どういうことだ?彼女はコールドスリープしていたのか?いつから?そもそもそんな報告は入ってないぞ!?」

突然の事に動揺を隠し切れないエウレカさん、捲し立てるようにシエラに問いかける。

聞かれませんでしたので

・・・・段々とこのオペレーターも、あの上層部の陰険メガネに似てきたような気がしないでもない。

どういった経緯があったのかはわからないが、ただ一つ確かな事は、そこに彼女が存在する、と言うことだ。それだけは紛れもない事実なのだ。

居ても立っても居られないが、もう出撃直前だ。逸る心を抑えて取り急ぎ出撃する。こうなればサッサと任務完了して、アークスシップにいち早く戻るしかない。

他のアークス達も手馴れたもので、幸いにも任務は手早く完了。大慌てでキャンプシップに飛び乗り、アークスシップを目指すエウレカさん。

アークスシップに戻るまでの間、シエラから送られてきた情報に目を通す。

彼女は、エウレカさん達がコールドスリープに入るずっと前から、とある事件がきっかけで強制的にコールドスリープ状態になった事、その後違うシップに保管されていた彼女の目覚めが近くなったので、エウレカさん達のいるシップに事前に運ばれて来ていた事。

色々気になるところもあるが、上層部に問い合わせるだけ無駄と言うものだ。

キャンプシップがアークスシップに到着するや、ロビーに向かって猛ダッシュするエウレカさん。息を荒げながら彼女のいるブロックを検索する。

メディカルチェックは終わったようで、ロビーに戻ってきているようだ。人ごみを掻き分けながら、未だ夢か現実なのか、軽いパニックと興奮状態で転送装置へ向かう。

ようやく辿り着いたロビーは、先程のロビーと違い人も疎らで、静寂に包まれていた。
辺りを見回すも、それらしい人影はなかったので、端末からパーティー招待の通知を送る。

・・・すぐにパーティー参加のアナウンスが入る。と、同時に端末にパーティーメンバーの座標が表示される。息を切らしながら駆け抜けたロビーの先に、彼女は静かに立っていた

「・・・久しぶり」

「あああぅううああああああああああ!?!?」

本当に嬉しい時と言うものは、まともに会話すら出来ないものだ。何と言っていいのかわからない、言葉が出てこないのだ。

あの頃と同じ、銀髪のショートカットの彼女は、少しはにかんで照れくさそうだった。

「・・・・・ぉかえりぃ・・・」

涙を堪えながらのエウレカさんの、精一杯の言葉

続きを読む "ずっとこの日を待っていた"

| | コメント (1)

2017/04/02

Short rest

Pso20170122_173827_031報酬期間も終わり、レベルキャップ解放に伴い、それなりにクエストに活気があるように思える今日この頃。

最初こそ頑張って急いでレベル上げをしてみたりするのだが、飽き性のエウレカさん。ブレイバーとハンターが80になった時点で少し気分的に落ち着いてしまったり。

常に最新の情報を、とか最新の装備に、とかそういう気持ちが少し落ち着いてきたように思う。

良い意味で、少しPSO2と距離を取れるようになったのではないか、と。

とは言え、基本毎日ログインしているエウレカさん。何をしなくても足を運ばないと落ち着かないのだw

続きを読む "Short rest"

| | コメント (2)

2017/02/26

長き闘いの果てに

Pso20170122_173318_002 ようやく雪の心配もなくなってきたが、まだまだ寒い日が続く。

こう寒いと出かけるのも億劫になるので、家でのんびるするゲームと言うものと非常に相性がいい

だがレベルキャップ解放目前のこの時期に、暗雲立ち込める感じがしないでもないというか。。

まあとどのつまり、PSO2に対する方向性や考え方、それに対する自身のスタイルが顕著に浮き彫りになってきたと言う事であろうか。

続きを読む "長き闘いの果てに"

| | コメント (0)

2016/11/19

はがない

Pso20160921_172120_004 なんと言うか、経験がある方も多いのではないかと思うが、とにかく何をやってもダメ、と言う事はないだろうか。

やる事なす事全部裏目にでてしまって、どうやっても上手くいかない。どれだけ緻密に計算しようが、事前に準備をしようが、思っているような結果に全くならない。

あっちをすればこっちが、まるでモグラ叩きのような状態。どこをどうやっても収まりがつかない感じ。

今のPSO2はまさにその状態ではないか、と。ユーザーの声に耳を傾けるのは運営の仕事の一つでもあるとは思うが、全部が全部出来るわけがないのだ。変にバランスを取ろうとするから逆にバランスが崩れる、無理に八方美人になる必要等ないのだ。

ついに発表された☆14武器だが、ドロップ限定でドロップ率は初期のサイコウォンド並と聞く。
H時代にシークレットで実装されたサイコウォンドは、まさに幻だった。事前に発表があったとは言え、エウレカさん的には嬉しい発表であった。無論エウレカさんが手に入れれるとは微塵も思っていない。が、叶わぬ夢があった方が毎日が楽しいのではないか、と。

続きを読む "はがない"

| | コメント (0)

2016/10/26

It isn't equal

Pso20160921_171634_002 ついにと言うか、予定はあったものの突然事前告知無しで実装された「エキスパートブロック

入場条件に賛否両論あるようだが、既に現状では通常のXHブロックより、エキスパートブロックの方が圧倒的に埋まっている現状を見るに、かなりの割合で入場条件を満たした人がいると言う事になる。

実際エキスパートブロックでも、本当にその装備でクリアしてきたのかと思えるような人も偶に見かけるが。問題の本質はそこではない。

どんな装備、クラス構成であれ、クリアして来たと言うことは「何かしら」クリアする為の対策を講じたという事。その「対策を講じた」と言うことが今回のエキスパートブロック実装における、最大の恩恵ではなかったのか、と。

単純に火力が足りない→火力を上げる、だけが正解ではない所に、ゲームの面白さと言うものがあるのではないか、と。

例として、火力が足りない場合の弊害として、長期戦になるのは間違いない、ではそれを勝ち抜く為にどうするのか?

①火力を上げる②耐久力を上げる③極力被弾しないようにする

他にも手段はあるだろうが、とりあえずこの三つは間違いないであろう。①②は装備やスキル構成の変更等が必要とされる為、それなりのメセタ等が必要である。③は本人の腕前の問題なので練習次第である。

例えカタコンの無敵時間を利用してクリアしたとしても、その無敵時間を有効利用する、という情報を人に聞くなり、自分で調べたなりして、そしてそれを実践したという事が本質というか。仮に面倒だからとスケド連打したとしても、それも選択肢の一つなのだ、課金要素のあるオンラインゲームである以上、「お金をかける」と言うのも立派な戦法の一つなのだ。

まあこういった事を、アレコレ議論するつもりはない。人間社会とは、決して平等ではないからこそ成り立つ世界だからだ。

続きを読む "It isn't equal"

| | コメント (0)

2016/10/03

マモリタイモノ

Pso20160921_172717_005_2 ようやく夏も終わりと言うか、過ごし易い日が多くなってきたが、10月とは思えないような夏日もあったりと、もう少し落ち着くまでには日がかかりそうだ。

PSO2の方は特にコレと言った真新しいこともないので、若干停滞気味

450万ID記念で能力追加成功率5%アップがきたので、暇つぶしにはなりそうだw

何かこう、刺激的なイベント等をしてみたいものだ。久しぶりに本腰を入れて、何かしら企画を練ってみようかと思う今日この頃である。

続きを読む "マモリタイモノ"

| | コメント (0)

2016/09/22

The reborn world

Pso20160921_171340_000 久しぶりに、週半ばの休み。

ようやく過ごし易くなってきたせいか、最近夜更かしする事が段々と多くなってきたような感じも。

ココ最近、新しく入ったチームメンバーの成長が著しく、見ていて面白いw

もう充分に、何処に行っても通用するレベルになってきたと思うが、やはりずば抜けた攻撃力、突出したPSよりも、結局リアルの世界とと同じく、総合力が最後にはモノを言うのではなかろうか、と。いくら仕事がバリバリ出来ようとも、家に帰ると家事の一つも出来ないような男ではダメなのと同じような感じ、と言えばわかり易いだろうかw

まだ少し手がかかりそうで、多少面倒でもあるが(爆)嬉しくもあるw

続きを読む "The reborn world"

| | コメント (0)

2016/08/28

新しい風が吹く

Pso20160717_094735_024 9月になろうかと言うのに、真夏のような暑い日が続くと思った矢先、この週末はエアコンはおろか、扇風機すら必要ないような気温に。

台風の影響もあるのかも知れないが、このまま秋らしい気温に落ち着いて欲しいものだ。

新フィールド「ラスベガス」が実装されたPSO2だが、仕様上あまり近接はお呼びではないようだw
気持ち程度だが、最近のクエストにはドロップのみでしか手に入らない☆13武器が入るようになった、性能云々は微妙な所だがリアルラックのみで勝負出来る所は素直に嬉しい所。

今後も多少なりともこういったドロップのみでしか手に入らないような、性能より希少価値を求める層の事も考えてもらえると幸いだ。

続きを読む "新しい風が吹く"

| | コメント (0)

2016/07/25

決戦は水曜日

Pso20160717_091554_000 リアルタイムで空の表情が変わる事で、時間の流れを感じる事が出来るPSO2。

そう言えば、まだ始めて間もない頃、ナベリウス森林を散歩したり、高台から景色を眺めたりしたように思う。

きれい・・・世界って本当にきれい

映画「紅の豚」のワンシーン。飛行艇からの景色を見たフィオの台詞。

最近は景色より人間模様を観察するのが好きなエウレカさんだが、ただ何をするでなく、息抜きにフィールドを歩き回るだけでも何かしら新しい発見があるかも知れない。

新しい発見こそ、モチベーションに繋がるモノではないだろうか。

続きを読む "決戦は水曜日"

| | コメント (0)

2016/07/17

そろそろ夏休み

Pso20160717_094926_033 真夏のような暑い日が続くので、夏っぽいSSでも、と思ったところSS(スクリーンショット)がSS(サービスショット)になってしまったエウレカさん。

普段から露出の多いコスは着ない主義だが、頭が多少デカイのを除けば(爆)それなりにプロポーションの良いエウレカさん。

そう言えば、そろそろ学生は夏休みだが、夏休みに入ると学生アークス達のIN率が増えて、それなりに賑わうのではないだろうか。月末にはWEB連動イベントの報酬期間も控えているので、非常に楽しみである。

メセタはともかく、キューブを貯めるという事が、本当に苦行だと思うエウレカさんは、やはり何かしら間違っているのだろうかw

続きを読む "そろそろ夏休み"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧